Search

エサやりしないと対策できない

「エサやりするから猫が増える」

多くの人が信じ切っています。


ですが、本当は、

「エサやりしないと、猫が減らない」

です。


詳しくは講演資料を見ていただきたく思いますが、地域猫活動は、「エサを使って猫の行動をコントロールする」という側面があります。


1 効率的に捕獲、手術をする。

2 流入してきた(あるいは捨てられた)猫をいち早く確認し、捕獲、手術する。

3 頭数の減少をきっちり把握していく。


以上の3つは、毎日同じ時間、同じ場所に、エサを食べるために猫が集結するからこそ、実行できることです。

「毎日同じ時間、同じ場所」でエサやりすることを、「定点定時のエサやり」と言ったりします。

定点定時のエサやりのときに、捕獲もできるし、頭数チェックもできるし、見知らぬ猫の姿も確認できます。エサやりをしていないと、実態が把握できないので、対策しようがない状態となります。


TNRと同じくらいに、「定点定時の」エサやりは、飼い主のいない猫対策の基本のキです。


ところが、「エサやりは良くないこと」と思っている人があまりにも多いのです。

ですので、対策を成功させるためには、一番最初の地域広報が生命線となります。

「エサやりは良くないこと」

ではなく、

「エサやりにはマナーがあります」

の徹底周知です。

(逆に言うと、「置きエサ」はマズイけれど、「マナーを守ったエサやり」は必要だということです。)


たとえば、以下のリンク先の「チラシ見本:活動開始」は参考になると思います。

NPOねりまねこさんが実際に地元で使っている広報チラシです。

https://nerimaneko.jimdo.com/地域猫ガイドライン-チラシ/


「地域猫活動がうまくいった地域」=「周囲の目を心配せずにエサやりできる地域」

だと思うのです。


でも同時に、どんなときも、猫で困っている人への気遣い(思いやり)は忘れないようにしたいものです。

その思いやりによって、飼い主のいない猫は地域で安心して暮らせるのだと、私は思うのです。

220 views

​© 2018 by Nobuo Ishimori.

Proudly created with Wix.com