Search

地域猫活動はハードル高すぎ

「地域猫活動はハードル高すぎ」という声をよく聞きます。

なぜそのような声が出るかというと、地域猫活動は、地域の人達とコミュニケーションを取らねばならないからです。

特に「猫被害で怒っている人と話すなんて無理です」というご意見が多いようです。

そりゃそうですよね~。誰だって、怒っている人と話すのは嫌です。

このような声に対し、私の心の中には、まるで矛盾するふたつの答えがあるのです。


答えその1

誰しも、得意、不得意があります。自分には難しいと思うことを、無理してやる必要はありません。地域猫活動にこだわらなくても、TNRのみの活動や、置きエサを止めるなど、猫が嫌われ者にならないように、それぞれが、できる範囲のことをやればいいのです。

地域猫活動はもちろん理想ですが、誰でもすぐにできるとは限りません。地域猫活動に向かって、できることから少しずつ前に進んでいきましょう。


答えその2

地域猫活動は、誰にでもできます。

大それた「活動」ではなく、自宅周りだけでいいのです。自宅近隣にお話ししながら進めていく、地元住民による地味な地域活動が、本来の地域猫活動です。


高度なコミュニケーション能力も不要です。

話が上手な人が成功するのではありません。誠実な人が成功します。

近隣の人に、不器用でも誠実に、一所懸命お話しして、コツコツと対策を進めます。活動経過も近隣に報告し、「あの人は有言実行の人だ。本当に助かる。」と思ってもらい、人柄を信用してもらいます。


地域猫活動では、情報収集のために近隣の戸別訪問をしなければなりませんが、「最初の1軒目の呼び鈴を押す」勇気さえあれば、あとは先に進みます。

「最初の1軒目の呼び鈴を押す」壁を乗り越えるために、私は、二人組での活動を強く推奨しています。

一人では無理でも、二人ならば知らないお宅に「ピンポン」できますよね。

戸別訪問時にどんなことを話すのかは、講演資料を御覧ください(HOMEにリンクがあります。)。


「簡単に、よく言うよ。」と思われるかもしれませんが、実際、私も自宅周りでやりました。

「最初の1軒目の呼び鈴を押す」ときには、心臓が飛び出るほどバクバクしました。

特に、私は一人でやりましたので(怖かったので当時4歳だった息子を連れていきました。)。

でも、ビックリするほどご近隣の反応が良く、応援していただき、猫さん情報が寄せられ、様々にご協力いただき、本当にありがたい限りでした。


私が活動できた時間は、帰宅後の深夜と週末だけでしたが、ご近所が協力してくれましたので、十分やれました。

活動範囲は、自宅周辺のグルッと一周して6~7分くらいの小さいエリアだけです。

その後、他の地域では活動していません。自分の地域が平和になったので、私の場合は、それでいいかなと思っています(もちろん、どんどん新しい地域で活動していく能力のある方は、素晴らしいと思いますが、誰もができる訳ではないので。)。


地域猫活動、新しい世界が開けますので、お勧めではあります。

少なくとも、私はとても楽しかったです。



答えその1でいくのか、答えその2でいくのか、それは、それぞれが自分で判断することです。

どちらでもいいと思うのです。

ただ、大切なのは、自分自身で決断することです。

ボランティア(=自主活動)ですから、誰かに強制されることではありません。

「なんにもしない。」という選択肢だってあります。

「さて、自分はどうしようかな。」と考え、判断していただければと思います。

248 views

​© 2018 by Nobuo Ishimori.

Proudly created with Wix.com